専業主婦『四葉まる』のポイント活用術

お得情報大好き!クーポン、ポイント、0円、タダポチ紹介します♪ ポイントサイトで貯めたポイントを交換して目指せマイルで家族旅行♡

夏休み沖縄家族旅行を格安で手配完了!『JALダイナミックパッケージ』って安い!!

f:id:yotuhamaru:20170617231855j:plain

 

 あと1ヶ月もすると、子供達の夏休みです!

夫の夏休みもやっと確定したので、毎年恒例夏休み沖縄家族旅行の予定をたててみました♪

私は、旅行の計画をたてるのが大好きですが、子供たちが小学生になり、学校の休みに合わせるとなると、びっくりするほどの旅行代金に尻込みしてしまいます・・・

そこで、今回は、去年利用してからお気に入りのJALダイナミックパッケージ で手配することにしました♪

【目次】

 

 

 沖縄のどの島にするのか?

 

私は南の島が大好きです♪

かつてダイビングにはまっていたこともあり、沖縄には過去何度も訪れています。

 

過去訪れた島

順不同です・・・

 

沖縄本島

社会人時代は、金曜日か月曜日に有給を1日だけとり、早朝出発の2泊3日で同僚と弾丸ダイビング旅行によく行きました。

慶良間諸島でのダイビング」、「嘉手納フェスティバル」、「漁船に乗ってシーラやマグロを釣り上げたこと」など思い出もいっぱいです。

 

そういえば、夫にプロポーズされたのも、沖縄本島のブセナテラスでした…

結婚してからも、子供がまだ赤ちゃんの頃から家族旅行で何度も訪れています。

今まで、泊まったことのあるホテルは、記憶が正しければ、マリオット、日航アリビラ、ブセナテラス、かりゆしビーチ、リザンシーパークホテル谷茶ベイ、などなど・・・

 

石垣島

私の記憶では、初めて行った沖縄旅行が石垣島だったような…??

友人がダイビングイベントのじゃんけん大会で勝ち取った、石垣島ダイビング旅行でラッキーにもタダで行くことが出来た石垣島の海の美しさに衝撃をうけ、マンタの大群が乱舞するのを見て、ダイビングにどっぷりはまるきっかけとなりました。

家族旅行では、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートに泊まりました。

 

竹富島

石垣島を訪れると必ず行く、お気に入りの島です。
いつも石垣から日帰りなので、いつか『星のや竹富島』に泊まってみたいなぁと思っています。

以前一度予約したことがあるのですが、なにかの事情(覚えてませんが…)でキャンセルし、残念ながら泊まれなかったので、いつか必ずリベンジしたいです!

 

宮古島

20年近く前に、東急リゾートに宿泊しました。

 

与那国島

務めていた会社を辞め、海外へ渡る前に、合計数か月滞在しました。

与那国島での目的は、『海底遺跡を見ること』『ハンマーヘッドシャークの大群を見ること』『日本最西端の島で日本で最後に沈む夕日を見ること』の3つでした。

すべて達成できましたが、なかでも日本で最後に沈む夕日を眺めた時間は、きっと一生忘れられないと思うほど素敵な時間でした。

幸い、私の宿泊先から、日本最西端の岬である西崎までは歩いてすぐだったので、晴れた日は、現地で出来た友人たちと毎日のように夕日を眺めに行きました。

日本最西端なだけあり、台湾まで見える時もあります。

与那国島を訪れる機会がある方は、是非「日本最西端の地」西崎で夕日を見てほしいと思います。

言葉では言い表せないほど、とても素晴らしい夕日です!!

 

西表島

与那国島からの帰り道に、友人に会いに行きました。

 

久米島

ダイビング旅行で一度、久米アイランド(旧:日航久米アイランド)宿泊。

家族旅行では2度訪れています。2度ともサイプレスリゾート宿泊です。

ファミリーには、サイプレススイートおすすめです!

はての浜」という砂だけの無人島もおすすめですが、日光を遮る木陰などはもちろんないので、熱中症に注意です。

実は、息子が熱中症症状で、現地の病院に連れて行くことになったことがあります…

注意していたつもりですが、辛い思いをさせてしまったことを反省しています。

 

以上、記憶の限りではこれらの島々です。

 

今回訪れることにした島は…

f:id:yotuhamaru:20170617201958j:plain

 

この写真で分かった方は、かなりの沖縄通ですね!

そうです!渡嘉敷島です。

 

渡嘉敷島のある慶良間諸島の海は、かつてダイビングにどっぷりはまっていた頃、本島からの日帰りボートダイビングで何度も潜ったことがあります。

本当に美しい海です!

過去に旅行で訪れた、世界遺産グレートバリアリーフモルディブタヒチの海と比べても、私は、この慶良間諸島の海の方が好きです。

世界に誇れる素晴らしい海だと思います!

 

慶良間諸島の島々には、ダイビングの合間の休憩中に少しだけ上陸したことがあるような気がしますが、本格的に上陸するのは、今回が初めてなので、とても楽しみです♪

 

我が家の夫は、民宿で良いから、大自然を満喫したい!派。

一方の私は、リゾートホテルで、優雅にのんびりしたい!派。

 

この二人の意見をすり合わせて、今回の沖縄旅行スケジュールを組んでみました。

 

実は、私は、超初心者陸マイラーで、着々とマイルをためている最中なのですが、陸マイラー活動を始めたばかりで、残念ながら、家族4人で沖縄に行くにはちょっと足りないので、今回はJALダイナミックパッケージ を利用することにしました。

 

陸マイラー活動を始めたきっかけや、詳しい自己紹介はこちら 

yotuhamaru.hatenablog.com

 

JALダイナミックパッケージとは

『往復航空券』+『宿泊』と「オプション」がインターネットで簡単に予約できます。

通常の旅行会社が扱ういわゆるパッケージツアーとは異なり、今回の私たちのわがままで自由な旅行プランも可能にします!

 

特徴

  1. JAL国内線(コードシェア便含む)の中から好きな便が選べる。
  2. 日本全国の宿泊施設から好きな宿泊プランを1泊から選べる。
  3. レンタカーや観光、体験など格安のオプションが沢山ある。
  4. フライトマイルがたまる。
  5. 旅行開始日の前日から起算し、21日前まではキャンセル料が無料。
  6. 時価販売商品の為、予約のタイミングで料金がかわる。
  7. 座席指定が可能。

 

これらの特徴の中でも特に面白いのが、時価販売商品であるという点。

選ぶ便や、宿泊先、宿泊日、予約のタイミングで、価格が変わるんです。

フライトの時間、宿泊先や宿泊日の組み合わせは、数えきれないほどになります。しかも、予約するタイミングで価格が変化するとなると、まるで為替相場や株価を見ているようです。

まさに需給の関係で価格が刻一刻と変化するのです!!

 

オプション以外の「往復の航空券+宿泊」の変更は出来ないため、変更したい場合は、一度キャンセルをしてから、予約を取り直すことになります。

 

まったく同じプランを組んでも、価格が安くなっていたりして、悔しい思いをすることがありますが、その場合は、キャンセルして予約しなおせば良いのです。

 

実際に、私も今回何度も予約を取り直しています・・・

 

今回私が利用したのが、下記JALダイナミックパッケージ のタイムセール 

 

10周年記念タイムセール  

f:id:yotuhamaru:20170617223055p:plain

 

 2017年6月22日までJALダイナミックパッケージ では、10周年記念タイムセール開催中です。

これがかなり安い!!

実は、このタイムセールが始まる前に予約をしていたのですが、このセールが始まってから同じプランで組んでみたら、何万円も安くなっていたので、予約キャンセルして、取り直したほどです・・・

 

びっくりオプションがまた安い!

今回のタイムセールでは、オプションがなんとたったの100円から!

カフェクーポン:100円

ステーキセット:500円

美ら海水族館&ナゴパイナップルパーク:500円

レンタカー:500円/1日(ハイシーズンは1,000円/1日)

 

去年の夏休み沖縄旅行でもこのびっくりオプションが大活躍しました。

美ら海水族館が100円だったり、現地価格9,000円ほどするジンベイザメシュノーケリングまで100円でした。去年はほとんど100円だった気が・・・値上げか!?

 

このオプションだけは、あとでつけたり、はずしたりできます。

 

 

家族旅行実際のプランと価格

 

今回の沖縄家族旅行のJALダイナミックパッケージ でのプランはこんな感じ。

  • 7月後半5泊6日
  • 羽田⇔那覇往復
  • 初日、2日目:カフーリゾートフチャク コンド・ホテル 2連泊(アネックス棟 スイート 朝食ブッフェ付)
  • 最終泊:ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城(ツインルーム 朝食ブッフェ付)
  • オプション:レンタカー5泊6日、ステーキセット4人分、cafeクーポン4人分

以上の内容で、価格は・・・

 

f:id:yotuhamaru:20170617230116p:plain

家族4人で、219,200円!一人当たり、54,800円!!

夏休み7月のハイシーズンに、「往復航空券」+「朝食付リゾートホテル宿泊3泊分(しかも2泊はスイート)」+「レンタカー6日分」+「その他オプション」で54,800円!!

これは安い!!

 

※なか2泊分の渡嘉敷島の宿泊は、夫の福利厚生を利用し、JTBで別手配(別料金)しました。

 

この価格の格安っぷりは、小中学生の夏休みに合わせて、沖縄旅行を計画されたことがある方には、お分かり頂けると思います。

 

ハイシーズン真っ只中の沖縄旅行、JTBや沖縄旅行専門旅行会社などで、どんな格安旅行を探しても、これなら海外旅行行けるだろっ!!とつっこみたくなるほど高いです。

 

この安さで、宿泊先が1泊づつ自由に選択出来たり、往復フライトに最低1泊つければ、別日の宿泊はつけなくても良かったりと、自由度は半端ありません。

 

このように自由にプランを組めたおかげで、自然を満喫したい夫の希望と、リゾートホテルで優雅に過ごしたい私の希望の両方を無事叶えることが出来そうです♪

 

あとは、台風が来ないことを祈るばかり・・・

 

最後に

 

今回の宿泊先の相談にコメントでお答えくださったさささんにお礼申し上げます。

実は、さささんのこの記事見て、カフーリゾートに決めました!

www.sasamiler.net